これなら初心者でも作ることができる!スマートフォン対応サイト

自分でデザインするのは大変です

スマートフォン対応のウェブサイトと聞くと「画面が小さいだけでしょ」と思う人がいるかもしれません。しかしそれほど単純ではありません。例えば全ての画面を「PC用」と「スマートフォン用」に分けて作ってしまったら、保守やメンテナンスはどうなってしまうでしょうか。ちょっとした修正が入るたびに、二つのバージョンのデザインを修正する必要がありますよね。それだと非常に大変です。よって、できれば一つのソースで複数の解像度のデバイスに対応できるのが理想でしょう。

スマートフォン対応とはレスポンシブ対応のこと

というわけで、スマートフォン対応のウェブページをPCと共通のソースコードでメンテナンスしたいわけですが、そのようなウェブサイトのデザインのことを一般に「レスポンシブ・デザイン」と言います。レスポンシブというのは、解像度に応じてレイアウトが動的に変わる、という意味です。クライアントの解像度に応じて文字サイズを自動で変更したり、UI部品のサイズを変更したりすることを指します。しかしこういうサイトは自前で用意するとメディアクエリーという機能をフル活用する必要があり、深いCSSの知識が必要になって大変です。

テンプレートを活用しよう!

しかしご安心ください。昨今では無料で使用できる「テンプレート」と呼ばれる雛形のデザインが多く配布されています。初心者は、そのような無料のテンプレートの中で「レスポンシブ対応」と銘打っているものを利用すればよいのです。やることは、テンプレート上の文字列を自分用にカスタマイズするだけ。この方法なら、すぐにでも全てのデバイスに対応した美しいデザインのスマートフォン対応サイトを作ることが可能です。

スマートフォンWebサイト制作にこだわりたい場合には、スキルの高いエンジニアが在籍している依頼先を探すことがポイントです。