ネットで誹謗中傷する事は簡単ですけど、直接相手に伝えるべきです。

特定されないから言いたい放題

ネットを通じて他人と知り合い仲良くなることができますが、実際の名前や住まいが分からずIDを利用してコミュニケーションを行うので、匿名性があり、人物を特定する事が困難な為、誹謗中傷する内容を平気で投稿したりチャットを行ったりします。伝えたいことは匿名性があるから何を行っても良いと考えている人がいる事に、憤りを感じている人が多い事です。何事にもマナーやルールは必要ですが、ネットでは相手を傷つける事が平気で行われています。人を傷つける事は、トラブルの原因になり、やられたからやり返したりする事になり状況が悪化します。ネットを利用する環境は、皆さんがそれぞれ常識ある行動をとる事を前提に利用しなければ、便利なネットは廃れ、人間の心も病んでいきますので、思いやりを持った行動を行う必要があります。

誹謗中傷されるとどのような行動をとるのか

誹謗中傷されたらとても悲しくなりますよね。もちろん内容によりますが、何も悪い事を行っていないのに、誹謗中傷されると、心が傷つき悲観的になりますし、人によっては感情がコントロールできなくなり逆上してやり返す人もいます。さらに怒りがおさまらない人は、人物を特定して制裁を試みる行動に出るかもしれません。誹謗中傷が悪いのではなくネットの匿名性を利用して誹謗中傷する事が良くないです。誹謗中傷する時は、直接本人にご自身の身分を伝えて行う事は決して間違いではありません。言論の自由ですから、誹謗中傷を行う事はかまいませんが、トラブルになる事が予想されるので考えて行動する事が必要です。

サジェスト対策とは、検索エンジンを入力する時に出てくる検索候補の事をサジェストといいます、誹謗中傷などが出てくる場合は出さないようにする対策の事がそれにあたります。