思っているよりも違っている!ネットワーク監視の現状あるある

暇な時間を過ごす事が多い

ネットワークに異常が発生していないか監視する仕事ですが正常な状態は、特にやるべき事がありません。その為、正常な状態が長く続いている場合、暇な時間を過ごすケースが多いです。ここで暇な時間を過ごしているからといって、無駄に時間を費やすのはよくないです。空いている時間を利用して、ネットワークに関連している知識やスキルを向上できれば、優秀なエンジニアとして成長できます。特に夜中のネットワーク監視は、基本的にトラブルが少ないです。睡魔が発生する時間帯でもあるので、集中力を切らさないように気を付けないといけません。ネットワーク監視で暇な時間が発生した時、上手く時間を活用して、自分のメリットが発生するように工夫するのがポイントです。

一人で仕事をするケースはほとんど無い点

一人でネットワーク監視の仕事を実施してしまうとトイレや食事をしている時、監視を行う事ができなくなります。またトイレや食事をしている時に深刻なネットワーク異常が発生した場合、柔軟な対応を行えなくなるので重大な事態に発展しやすくなります。そのような状況を事前に防ぐ為、基本的に複数人でネットワーク監視を行う事が多いです。複数でネットワーク監視をすれば、交互にトイレや食事に行けるので、ネットワーク監視に悪い影響を与えないです。また一人がネットワーク監視の重大な部分を見逃しても他の方がフォローをできます。その為、複数人がネットワーク監視をして、厳重な監視を実現できるように環境を整えています。

情報通信ネットワークは企業や社会にとって水道や電気などと同様に重要なインフラの一つになっています。ネットワークが24時間、365日安定的に稼働するためにはネットワーク監視が重要なのです。