新入社員の研修で電話マナーをしっかり学ぼう!

電話時に必要なマナー

社会人でないという立場での電話は、友達同士の会話が主だったと思います。しかし、就職して社会人になった時は、電話で話す相手は友達ではなくなります。電話越しにいる相手は見えませんから、見た目の歳もどんな顔をしているのかも勿論分かりません。そうした相手には誤解されないためにも、丁寧な言葉で対応しなければいけません。早口で話してしまうと相手が聞き取れないし、ゆっくり話し過ぎても時間がかかるだけ無駄です。電話に出る時は、相手に分かりやすく短い言葉と大きな声で話すべきですよ。机にメモや鉛筆を用意してあるのは、伝えることを忘れないように書いておくためなんです。お客と話す時には以前の話もよく出てきます。「先週の月曜日に連絡した件なのですが…」などと切り出されることもよくあることだし、こちら側から「来週の何曜日に伺います」とかいうのも日常茶飯事でしょう。自分のデスクには、予定を決めるためにも卓上カレンダーは置いておくと便利ですよ。

相手に安心感を与えよう

新入社員にとって電話の対応はとても大切な仕事になります。現場に出て体感することは山ほどありますから、あまりにもの忙しさでパニックにならないように事前準備が必要です。新人の社員研修ってそのためにあるんですよ。企業としてもいち早く第一線の戦力となってほしいはずですし、社員研修制度を導入している企業は、そうした目論見をしっかり持っていると言えますね。また研修は新人だけに限って行うのではなく、初心に戻る意味でも勤続年数にかかわらず受けるといいですよ。

社員研修とは、企業が社員に行う各種研修のことで、社員に業務遂行に必要な技術や知識を教育することです。研修には、新人研修やスキルアップ研修、マネジメント研修などがあります。