インターネット社会だからこそ知っておきたい、誹謗中傷された時の対処法とは!

誹謗中傷は誰にでも起きるリスク?!

身に覚えのない誹謗中傷の被害にあってしまうリスクは、インターネットが発展した昨今、昔よりも格段に高まっていると言われています。これまでは個人や数人という規模での対応だったのに比べて、SNSの利用者増加などに伴い、数千~数万単位の人たちから、様々な誹謗中傷を受ける可能性すらあるのです。「うちは大丈夫」と甘く考えることなく、実際に起きてしまった時の対処方法を知っておきましょう。

何よりもまず現状分析から!

誹謗中傷対策で大切なことは、その時、どのような状況に陥っているかを分析することが大切です。そういったトラブルが発生した時に平常心を保つのは、簡単なことではありません。しかし、感情的に「誹謗中傷だ!」と騒ぎ立てても事態の鎮静化をはかることは難しいものです。「誰がいつ、どのように誹謗中傷を始めたのか」や「現在、どのように話が拡散しているのか」といった第三者的な分析を行うことを心がけましょう。

段階を追った対応がカギ!

分析が完了したら、誹謗中傷を受けている立場として情報を発信します。「何よりもまず、誹謗中傷の発言を削除して欲しい」と思うかもしれませんが、現在のインターネットの仕組みでは、それは容易なことではありません。それよりもまず、「なぜ問題が起きたのか」や「事実無根の誹謗中傷だが、お騒がせして申し訳ない」という冷静な説明・謝罪をすることで、多くの人々の理解が得られることでしょう。その後、それでも納得しない人や、愉快犯で問題を起こす人への対処(警察への相談など)を始めることで、より確実に問題を収縮させることができるのです。

NETでの誹謗中傷対策は、完全に取り除くことは難しいので、目立たなくする事が大事です、検索エンジンや検索候補にあがらないようにすることが有効です。